全国で荒れた天気に=低気圧発達、冬型強まる−気象庁(時事通信)

 発達する低気圧の影響で、13日は西日本から東北地方の広い範囲で荒れた天気になるとして、気象庁は12日、暴風や高波、大雪などへの警戒を呼び掛けた。
 同庁によると、日本海西部にある低気圧が急速に発達しながら東に進み、13日朝には佐渡島付近に達する。日本の南にある別の低気圧も急速に発達しながら北東に進む。また、非常に強い寒気が日本の上空に流れ込み、14日にかけ強い冬型の気圧配置となる。
 このため、13日未明から昼すぎにかけ、西・東日本と東北では非常に強い風が吹き、海は大しけとなる。中国地方から東北の日本海側では13日昼ごろにかけ、急速に風が強まる恐れがある。予想される最大風速は、陸上で15〜20メートル、海上で20〜25メートル。
 西日本では13日夕にかけ大雪となり、東日本、東北の日本海側でも13日朝から雪が強まる見込み。13日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で岐阜、北陸、群馬、東北が60センチ、近畿北部、長野が50センチ、中国40センチ。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

プロレスファン集まれ
t4pkf1bfのブログ
競馬情報
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
[PR]
# by 7tqn4z8ake | 2010-01-14 09:50