<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

国幹会議の廃止法案提出へ=高速道建設、審議会などでチェック−国交省(時事通信)

 国土交通省は12日、これまで高速道路の建設を決定する場となってきた国土開発幹線自動車道建設会議(国幹会議)を廃止する法案を、18日召集の通常国会に提出すると発表した。同会議に代わり、専門家による審議会と国会で高速道路建設の妥当性をチェックする仕組みをつくる。
 同会議は国土交通相の諮問機関で、与野党の国会議員と有識者で構成する。高速道路建設の主な手続きを進めるには同会議の決定が必要だが、前原誠司国交相は「(国幹会議は)急に招集されて議論は数分」と批判し、廃止を表明していた。
 法案では、国幹会議の根拠となっている国土開発幹線自動車道建設法を廃止する。また、高速自動車国道法を改正し、高速道路建設の手続きを進める際は、国交相の諮問機関で有識者で構成する社会資本整備審議会での議論を義務付け、時間をかけて検討してもらう。 

【関連ニュース】
【動画】アクアライン探検隊、出動!
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

小沢氏が政治資金問題を陳謝 「違法行為はない」と弁明も(産経新聞)
知人女性と子ども連れ回し、500万要求男逮捕(読売新聞)
平野官房長官、内閣官房の人事刷新を検討(産経新聞)
「浅井」社長に有罪=事故米不正転売−名古屋地裁(時事通信)
首相動静(1月11日)(時事通信)
[PR]
by 7tqn4z8ake | 2010-01-19 03:54

ネアンデルタール人も装身具=5万年前の貝殻ビーズ発見−スペインの洞穴で(時事通信)

 現生人類より先に出現し、一時期共存した後、約3万年前に欧州やアジア西部で絶滅したネアンデルタール人は、現生人類と同様に、貝殻でビーズとみられる装身具を作っていたことが分かった。英ブリストル大などの国際研究チームが10日までに、スペイン南東部の洞穴2カ所から、約5万年前の貝殻ビーズなどを発見した。
 化粧や装身具はこれまで、現生人類だけにある高い認知能力の証拠とされてきたが、ネアンデルタール人も、進化の最終段階では近い水準にあった可能性が高まった。人口が増えて社会が複雑になると、個人の社会的地位を示す必要から生み出されたのではないかという。研究成果は米科学アカデミー紀要電子版に発表される。
 見つかったのは、ひもを通すための穴が開いた直径数センチの小さな貝殻や、オレンジ色に着色された長さ約12センチのホタテ貝の貝殻など。着色料は赤鉄鉱などの粉で、これらを採取したとみられる場所も近くにあった。 

【関連ニュース】
ウナギの起源は深海魚=回遊の謎、DNA分析で解明
南京虫、細菌からビタミンB=体内に共生
発生周期、10年から2年に=異常気象招くインド洋水温変動
安堵や評価の声=スパコン予算復活で
臓器つくる遺伝子全容ウェブに=成育医療センター、世界に公開

<子ども手当>自治体側と協議を 茅ケ崎市長ら申し入れ(毎日新聞)
カラオケ代払わず逃げる 容疑の暴力団員逮捕 埼玉・行田(産経新聞)
夫婦と6歳孫か 民家全勝で3人死亡 群馬・桐生(産経新聞)
叔父・叔母を8回「死なせ」忌引…高校事務長免職(読売新聞)
石川議員元秘書「証拠持ち出した」と上申書(読売新聞)
[PR]
by 7tqn4z8ake | 2010-01-16 22:06

<直木賞>白石一文さん親子で受賞 父は8回目の候補で(毎日新聞)

 第142回芥川・直木賞は14日、直木賞が佐々木譲さん(59)の「廃墟(はいきょ)に乞(こ)う」(文芸春秋)、白石一文さん(51)の「ほかならぬ人へ」(祥伝社)に決まった。

【白石一文さん】過去の著作紹介、書評、インタビューなど>

 白石一文さんは1987年に直木賞を受賞した白石一郎さん(1931〜2004)の長男。海洋歴史小説の第一人者として知られた一郎さんだが、直木賞には苦労し、8回目の候補で受賞した。

 候補になるのは2回目の一文さんは「(親子で合計すると)我が家では10回目。賞にたたられているような思いです(笑い)。早くおさらばしたいという気持ちでした」。

 小説を書き始めたのも、大学1年の時に父親の小説を批評し、「だったらおまえが書いてみろ」と言われたのがきっかけだった。父にもらった万年筆で執筆し、出来上がった幻想的な作品を見せると、「(こんなものが書けるのなら)もう就職しなくていい」と絶賛された。一文さんは「小説家になれるかなと思ったのが運のツキでした」と振り返る。【重里徹也】

 【略歴】白石一文(しらいし・かずふみ) 福岡市生まれ。早稲田大政治経済学部卒。文芸春秋に入社し「週刊文春」「文学界」などで編集者として勤務。03年退社し、文筆活動に入る。09年「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞。東京都中央区在住。

【関連ニュース】
【候補作全リストをみる】芥川賞候補に大森兄弟、共作で初 直木賞は白石さんら6氏
<書評を読む>どんなストーリーか…「ほかならぬ人へ」白石一文・著
<関連写真>久々に芥川賞「該当作品なし」の張り紙
<2年前は女性が独占>直木賞・芥川賞:桜庭一樹さんと川上未映子さん

<センター試験>725会場で16日から 55万人が志願(毎日新聞)
さいたま市の成人式で「エコキャップ運動」(読売新聞)
インフル第3の治療薬「ラピアクタ」発売へ(読売新聞)
福岡県町村会の裏金接待旅行「前副知事が要求」(読売新聞)
<医療費助成>高校まで拡大へ 愛知・犬山(毎日新聞)
[PR]
by 7tqn4z8ake | 2010-01-15 13:52

全国で荒れた天気に=低気圧発達、冬型強まる−気象庁(時事通信)

 発達する低気圧の影響で、13日は西日本から東北地方の広い範囲で荒れた天気になるとして、気象庁は12日、暴風や高波、大雪などへの警戒を呼び掛けた。
 同庁によると、日本海西部にある低気圧が急速に発達しながら東に進み、13日朝には佐渡島付近に達する。日本の南にある別の低気圧も急速に発達しながら北東に進む。また、非常に強い寒気が日本の上空に流れ込み、14日にかけ強い冬型の気圧配置となる。
 このため、13日未明から昼すぎにかけ、西・東日本と東北では非常に強い風が吹き、海は大しけとなる。中国地方から東北の日本海側では13日昼ごろにかけ、急速に風が強まる恐れがある。予想される最大風速は、陸上で15〜20メートル、海上で20〜25メートル。
 西日本では13日夕にかけ大雪となり、東日本、東北の日本海側でも13日朝から雪が強まる見込み。13日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で岐阜、北陸、群馬、東北が60センチ、近畿北部、長野が50センチ、中国40センチ。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

プロレスファン集まれ
t4pkf1bfのブログ
競馬情報
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
[PR]
by 7tqn4z8ake | 2010-01-14 09:50